英語の基本5文型まとめ

英文が全く作れなくて困っている。どうしたらいいの?

こちらの記事は、上記のような悩みを持つ方のお役に立ちます。

英語初心者は、はじめは英文が全く作れず、作り方も分からず、何から学び始めていけばいいのか分からないという人が多いです。

文章の作り方が分からない原因は、英文法の基礎となる文型を知らないからです。

解決策は、まず英語の基本5文型を学び、英語の文がどのような構成で作られているのかを知ること。そして、それを活用して英文がつくれるようにすることです。

英文は、突き詰めると基本5文型のどれかが型になって作られています。そこに時制、助動詞、接続詞、関係詞など様々な文法テクニックが加わってより分かりやすく、詳細に伝わる英文をつくることができるようになるんです。

このページで英語の基本5文型をおさらいましょう。

とも
英語もスポーツと同じで、まずは基本の型を使えるようにすることが上達の近道です。

文法用語のおさらい

基本文型の説明に入る前に、文型内に出てくる品詞について解説します。それぞれの品詞の役割やどんな種類の単語が入るのかが分かることで、文型がよりスムーズに理解できるようになるためです。

主語(S) すべての英文に出てくる超重要な品詞。ヒトやモノなどの名詞や代名詞が入る。Sは、「主題」という意味を表すSubject(サブジェクト)の頭文字。
動詞(V) こちらもすべての英文に出てくる重要な超品詞。文字通り、eat(食べる)、walk(歩く)などの動詞が入る。Vは、「動詞」という意味のVerb(ヴァーブ)の頭文字。
目的語(O) 動詞の対象を表す品詞。ヒトやモノなどの名詞や代名詞が入る。Oは、「対象」という意味のObjectの頭文字。
補語(C) 主語や目的語の状態を説明するもの。名詞や形容詞が入る。Cは、「補足」という意味のComplementの頭文字。

第1文型(SV)

第1文型

第1文型は、主語(S)と動詞(V)のたった2つの品詞から成り立っています。主語(S)と動詞(V)は、すべての英文に出てきますので、第1文型はすべての英文の基礎と言えます。

動詞には、主に自動詞が入ります。自動詞というのは、動詞ひとつだけで文章が完結してしまう単語のことです。

例えば、「go(行く)」という動詞は自動詞です。なので、「I go(私は、行く。)」という文章でも英語として成り立ちます。

第2文型(SVC)

第2文型

第2文型は、主語(S)と動詞(V)の後に補語(C)が続く文章です。主に主語の状態を表したいときに使う文章です。

例えば、「This is a pen.(これは、ペンだ。)」「Emma is happy.(エマは、幸せだ。)」など「(主語)は、(~の状態)だ。」という文が作れるのが第2文型の特徴です。

第2文型の特徴は、「主語=補語」という関係が成り立つことです。例文を見ても「This(これ)=pen(ペン)」、「Emma(エマ)=happy(幸せ)」という関係がなりたっていますね。

そのため、動詞にはbe動詞や「looks(見える)」「become(なる)」などが入ります。

第3文型(SVO)

第3文型

第3文型は、主語(S)と動詞(V)の後に目的語(O)が続く文章です。「主語が対象(目的語)に/を ~する。」という文章が作れるのが第3文型の特徴です。

動詞には、主に他動詞が入ります。他動詞というのは、動詞ひとつだけで文章が完結できず、動詞の対象となる語彙(=目的語)が必要になる動詞のことです。

例えば、「I love you.(私は、あなたを愛しています。)」などは日本人もよく知る第3文型の文章です。

第4文型(SVOO)

第4文型

第4文型は、主語(S)と動詞(V)の後に目的語(O)が2つ続く文章です。「(主語)が、(目的語①)に(目的語②)を~する。」という文章が作れるのが第4文型の特徴です。

例えば、「He gave me a pen.(彼が私にペンをくれました。)」という文は、「me」と「a pen」という2つの目的語が続いています。

第4文型には、「give(与える)」、「pay(払う)」などの動詞がよく使われます。

第5文型(SVOC)

第5文型

第5文型は、主語(S)と動詞(V)の後に目的語(O)と補語(C)続く文章です。「(主語)が、(対象:目的語)を~の状態(補語)に~する。」という文章を作れます。

「目的語=補語」という関係が成り立つのが、第5文型の特徴です。

例えば、「She makes me happy.(彼女は私を幸せな気分にします。)」という文が第5文型に当たりますが「me(私)=happy(幸せ)」という関係が成り立っています。

動詞には、「make(~の状態にする)」、「call(~と呼ぶ)」などの動詞が使われます。

自動詞と他動詞の見分け方

基本5文型を学ぶ中で、自動詞と他動詞という、2つの種類の動詞がでてきました。

どのようにしたら自動詞と他動詞を見分けられるのかと悩む人が多いですが、特定の法則や覚え方はありません。

単語によっては、自動詞としても他動詞としても使えるものもあり、かつ自動詞と他動詞で意味が変わるものも存在します。例えば、「stand=(自動詞:立つ/他動詞:我慢する)」、「run=(自動詞:走る/他動詞:経営する)」などがあります。

これは学びながら文章を作ることを繰り返して慣れていくしかありません。

まとめ

英文法の基礎である基本5文型について、おさらいしました。

以下にポイントをまとめます。

文型 特徴
第1文型(SV) 主語と動詞で構成されるすべての英文の基礎。
第2文型(SVC) 「(主語)は、(~の状態)だ。」という文が作れる。「主語(S)=補語(C)」の関係が成り立つ。
第3文型(SVO) 「主語が対象(目的語)に/を ~する。」という文章が作れる。
第4文型(SVOO) 動詞の後に目的語が2つ続く。「(主語)が、(目的語①)に(目的語②)を~する。」という文章が作れる
第5文型(SVOC) 「(主語)が、(対象:目的語)を~の状態(補語)に~する。」という文章が作れる。「目的語(O)=補語(C)」の関係が成り立つ。

各文型ごとに個別のページを用意し、より詳しく説明しています。練習問題もありますので活用してください。

すべての英文は、突き詰めると、上記の5つのいずれかの文型を用いて構成されています。英文が全く作れないという人は、まずこれらの基本5文型を用いて最低限の文章を作れるようにしましょう。