Webライターとは何か?【Webライターが解説します。】

「Webライターが副業におすすめって聞いたんだけど、どんな仕事なの?」

この記事では、そんな疑問にお答えします。

どうも、ともです。

副業でWebライターとして働き、すきま時間で月2万円ぐらいの副収入を稼いでます。

最近、「副業」というキーワードを耳にすることが多くなってきましたね。日本政府も副業をすすめてるし、副業を許可する会社もだんだん増えてます。

副業のなかでも特に注目を浴びているのが、Webライターです。

ただ、Webライターってどんな仕事をするのかイメージしずらいですよね。

というわけで今回は、Webライターの仕事内容や求められるスキルなどを詳しく解説していきます。

  • Webライターの仕事内容
  • Webライターになる方法
  • Webライターに求められるスキル

Webライターとは?【仕事の内容】

Webライター

Webライターは、クライアントの依頼を受けてウェブサイトに掲載する記事を書く人たちです。

同じWebライターでも、僕のように副業で案件を受けている人や企業に雇われている人、独立している人など働き方も様々です。

また、仕事の種類もたくさんあります。

代表的な仕事は、こんな感じ。

ブログ記事の作成 企業や個人が運営しているブログの記事を作成する。SEOライティングの知識が必要。
セールスライティング LP(ランディングページ)の文章を作成する。マーケティングの知識も必要。
取材・インタビュー記事 実際に取材やインタビューを行いウェブに掲載する記事を書く。取材のスキルも求められる。

報酬は、文字単価や記事単価で決まる場合がほとんどです。

報酬の額は、ライターの実力や実績によって大きく異なります。

僕のような新米ライターは1文字0.5~1.0円ぐらいの案件を頂けることが多いです。

上級のライターになると1文字10~30円とか1記事数万円といった高単価な案件を受注できるようです。

Webライターになる方法

Webライターとして仕事をするには、主に次の3つの方法があります。

クラウドソーシングサイトで仕事を得る

クラウドソーシングサイトとは、企業や個人が特定の仕事をアウトソーシングするためのプラットフォームです。

ランサーズクラウドワークスといった会社が有名です。

登録料は無料で、未経験者や初級者でも始めやすいというメリットがあります。

企業や個人から直接仕事を得る

企業や個人から直接仕事を得るという方法もあります。

自分で営業をしたり、知人に紹介してもらったり、仕事を得るルートはいろいろあると思います。

ただ、Webライティングの実力や実績、特定分野の専門知識などがないと案件を受注できないため未経験者にはちょっと難しいです。

Webライターとして働ける会社を探す

Webライターを募集している会社で働かせてもらうという方法もあります。

Webライター求人

有名な転職サイト「doda」でも求人がありました。学歴や経験不問の求人も多いみたいなので、応募しやすいですね。

正社員として働き安定的な収入を得ながらWebライティングやWebマーケティングのスキルを磨けるので賢い選択のひとつかと思います。

Webライターに求められる基本スキル

次にWebライターに求められる5つの基本スキルについて解説します。

これらは僕が実際にWebライターとして働くなかで必要不可欠だと感じたものです。

情報収集力

クライアントから依頼される記事の内容は、必ずしもあなたが精通している分野のものとは限りません。

もし記事作成において分からないことがあったら、ウェブや本などを使って情報収集をする必要があります。

こういった作業が苦手な人は、Webライターの仕事は苦痛かもしれません。

文章構成力

読者に読みやすい記事を書くには文章構成がとても重要です。

文章構成は、建物を建てるときの設計図のようなものです。

文章構成がうまくできないとスムーズに記事を書けませんし、仮に書けたしてもまとまりのない分かりにくい記事になります。

経験上、良質な記事が書けるかは、80%ぐらい記事構成によって決まるといっても過言ではないです。

タイピング速度

たくさんの案件をこなすためには、短時間で記事を書き上げるためのタイピングスキルが必要です。

ブラインドタッチができるレベルでないと記事の執筆にかなりの時間がかかってしまいます。

そのため、パソコン作業が苦手という人にはWebライティングの仕事は難しいかもしれません。

SEOライティングやマーケティングの知識

クライアントがWebライターに期待しているのは、Googleの検索ランキングの上位にくるような良質な記事を書いてもらうことです。

それを実現するには、SEOライティングの知識が必要です。

SEOライティングとは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位に表示されるような記事を書くテクニックのこと。

上位を狙いたいキーワードやページタイトル、見出し、文章構成など検索エンジンと読者(ユーザー)の視点に立ったさまざまなポイントに気を配る必要があります。

WebライターとしてレベルアップするためにYoutube動画やブログ記事、書籍などを通してSEOライティングについて学んでおきましょう。

特定分野の専門知識

特定分野の専門知識を持っているとWebライターとして差別化ができます。

例えば、僕は5年間フィリピンの語学学校で働いていた経験があるので、留学や英語学習に関するキーワードで記事の依頼をもらえます。

このようにあなたが今まで経験してきた仕事や業界の知識なども独自の強みとなります。

【まとめ】Webライターは、人々に価値ある良質な情報を届ける仕事

Webライターは、人々に価値ある良質な情報を届けるとてもやりがいのある仕事です。

同じWebライターでもブログ記事作成やLPなどのセールスライティング、取材・インタビューなど職種によって求められるスキルは変わります。

報酬は文字単価か記事単価で決められ、初心者は1文字0.5~1.0円ほどからスタートする場合が多いです。

でも、経験を積みWebライティングスキルや実績が増えていくと高単価の案件を受注できるようになります。

Webライターになるためは、クラウドソーシングへの登録、直接の仕事の受注、Webライターを募集している企業への就職などの選択肢があります。

初心者には、クラウドソーシングがおすすめ。もしくは、未経験者でも応募できる会社でWebライターとして働くのもキャリアを築くには賢い方法です。

最後にWebライターに求めらえれる基本的な5つのスキルも紹介しました。もし紹介した5つのスキルに自信があるならWebライターは天職かもしれません!

とも
上級ライターを目指して一緒に頑張りましょう!